新規情報は 順次追加して参ります。
(スマホ)  最終更新日:2022/08/30 by AM   

 新型コロナウイルスの感染は、寄せては返す波のように増加と減少を繰り返しながら、 現在(3月1日)は「第6波」の渦中にあります。
減少期が来るたびに今なら会合を開くことが出来そうだと意気込むのですが、間をおかずに増加(蔓延)期が到来するので、 現実には、断念の繰り返しです。
吾が淡交五五会の傘寿記念総会は、本来なら令和2年10月に開催のはずでしたが、それが翌年に延期されました。 令和3年10月開催には、「今度こそ」の思いで臨もうとしていたわけですが、7〜9月にピークを迎えた 「第5波」の猛威にさらされながらでは、10月後半時点での減少(収東)期を見通すことが出来ず、 中止の決定を余儀なくされました。
あとでふり返ってみると、10月〜翌令和4年1月初旬までは、減少期が到来したのだから、あの状態ならできたのでは、 とも思われますが、それはあくまで結果論。
 それでも、先のコロナ減少期にチャンスを掴んで12月1日に拡大世話人会 (直近に物故された外山三喜君、木村均君、小島幹生君、伊藤宗武君を偲ぶ会を兼ねて実施)を開催し、 4君を偲んで追悼の気持ちを語り合い、また令和4年度の五五会運営について話し合うことが出来だのは 不幸中の幸いでした。
 席上での主な決定事項は次の通りです。

  1. 懸案の第17回淡交五五会総会(傘寿記念と称することはしない)は、令和4年10月26日アンフェリシオンにて開催する
  2. 下町七福神巡りは、3〜5月にコロナの減少期を見計らって、可能性があれば計画・実施したい
  3. 拡大世話人会を7〜8月に暑気払いを兼ねて、12月に忘年会を兼ねて計2回実施する
  4. 小旅行(奥の細道を訪ねる)は、高齢になり、道中の安全確保が難しくなってきている事を勘案し断念する
  5. ゴルフ会は、6月1日を予約(実施はコロナの状況次第)
 前回の各回だより以降、先の4人の方の他に小芝浩君ご逝去の報がありました。
ご冥福をお祈りいたします。
 五五会総会が開催できていない状況が続いている関係上、 淡交会会費の納入にご不便をおかけしています。
令和3年度分を未納の方は、以下の口座にお振込みをいただきますようお願いいたします。
・振込金額 2000円、
・金融機関 三菱UFJ銀行町田支店
・口座番号 2455369
・口座名義 淡交五五会

小林喜一郎(55回)      
(淡交会報 第88号より 転載)    


 淡交会の元事務局長であり、淡交五五会の創設者の一人で、世話人代表を40年間務めた 盟友外山三喜君が、去る令和3年6月6日、急逝されました。
 6月7日の夕刻、種村良平君から、外山君が急逝されたと奥さんから連絡があった、 と急きこんだ電話を貰った時、小生も絶句し、五五会で一、二を争う元気者の外山君がなんで?と、 俄かには信じられませんでした。未だに信じたくない思いが 沸々と胸中に去来します。

 本稿では、淡交五五会における外山君の足跡を中心に紹介し、 追悼の辞といたします。
「淡交五五会(以下、五五会)」は、40年前の1980年(昭和55年)ごろ、「40歳になったので、 全体同期会をやろうじゃないか」、との機運が、外山君や種村君などから高まり、 各クラスの有志が招集されて発起人会と称して、会合を持ったのが五五会の嚆矢でした。
会合を重ね、組織の骨格や行事予定などを練り上げました。
旧友との20年ぶりの再会が楽しく、会合は飲み会に変わることも度々でした。
 発起人会では、まず名簿の作成、
会の名称は「淡交五五会」とすること、
総会を原則として隔年開催、
淡交会費を総会開催の都度2年分預かり、一括納付すること、
各クラス2名ずつ世話人を選出、
世話人代表に宇田川、種村の両君、
事務局長に外山君
とすることなどを決め、総会を開催して、これらを議案として諮ることが合意されました。
外山君は、常に議論の中心にいて、まとめ役でした。「五五会」の創設者と目される所以です。

 第1回淡交五五会総会は、1981年11月21日、赤坂プリンスホテルにて 開催されました。
参加者100余名、恩師は根津、松原、斎藤、奥谷、谷口の5名の先生がご出席され、20数年前に 同じ学び舎で過ごした旧友と恩師が集い、旧交を温め、親睦を深めるとともに、 上記の議案を拍手で承認し、大盛会のうちに再会を約して、お開きとなりました。
 以来、2020年までの約40年間に、五五会総会は、連綿と16回にわたり開催してきましたが、 外山君は会ごとにいろいろ趣向を凝らし、全員が満足するように気配りをし、 運営はプロ級と評価されておりました。
淡交会費の一括納付方式は、40年経った今でも継続しています。

 2006年(平成18年)2月に、世話人代表が宇田川、種村両君から 小林君と中村に交代し、余人をもって代え難い事務局長は、引き続き外山君が担うこととなりました。
五五会事務局は、外山君のご自宅でした。
 新体制下の最大の成果は、2009年から2年がかりで取り組んだ古稀記念文集の発行でした。
外山君は、編集総括の一人として、原稿収集、寄付金集めなどに辣腕を振るい、 寄稿者100余名、320ページの大作の記念文集の完成に漕ぎつけました。
因みに、古稀記念文集のタイトルは、皆の母校に対する万感の思いを汲み、校歌の一節を引いて 「学びの海はるか」としました。
五五会の「知的財産」として、各々の書棚に輝いていることでしょう。

 淡交会報第86号に掲載された外山君の「淡交五五会だより」は、 図らずも、彼の遺稿となりましたが、私たちはこれを「遺言」と受け止め、やり残された企画を 粛々と実行に移して行くつもりです。
新型コロナ禍の影響により、中止の止む無きに到った傘寿記念の第17回総会や、拡大世話人会、 新春七福神巡り、奥の細道を訪ねる小旅行、五五会ゴルフ会などの企画は、 コロナ禍の終息状況を見極めながら、必ず実行してまいります。
 世話人代表には、新たに井上冨美子(五五会事務局)、須釜慶子、羽鳥雙六の3名が加わり、 小林、中村と合わせて、5名体制で今後の五五会の運営を担ってまいります。
皆様のご支援、ご協力を心からお願いいたします。
 外山君、あなたの、誰にも好かれる人柄と、淡交会や五五会の仲間のために成し遂げた多くの事績は、 私たちの心に永久に刻まれることでしょう。これからも天国から、私たちを見守り、応援してください。

 淡交会報第85号の発行以降に逝去された同期生は、 外山君のほか、木村均君、小島幹生君です。心からご冥福をお祈りします。

中村 晴永(55回)      
(淡交会報 第87号より 転載)    





【 皆 様 の B L O G ・ ホ ー ム ペ ー ジ と 接 続 し ま す ! 】

 ☆ 友人の情報(0)
 ☆ 旅行・紀行文 (0)
       


 ☆ 同期会・OB会・OG 会の お知らせ ( 同期会、クラス会、会合 等を 紹介 )
  ・ 令和04年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報88号より)
  ・ 令和03年12月20日 寄稿:外山三喜君を悼む(淡交会報87号より)
  ・ 令和03年12月20日 淡交五五会だより(淡交会報87号より)
  ・ 令和03年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報86号より)
  ・ 令和02年12月20日 淡交五五会だより(淡交会報85号より)
  ・ 令和02年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報84号より)
  ・ 令和01年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報82号より)
  ・ 平成30年10月25日 卒業60年淡交五五会総会(淡交会報81号より)
  ・ 平成30年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報80号より)
  ・ 平成29年12月20日 淡交五五会だより(淡交会報79号より)
  ・ 平成29年05月20日 第3回奥の細道一泊旅行とゴルフ会(淡交会報78号より)
  ・ 平成28年10月26日 第15回 淡交五五会総会「喜寿記念の会」開催
  ・ 平成28年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報76号より)
  ・ 平成27年05月20日 淡交五五会だより(淡交会報74号より)
  ・ 平成26年11月12日 淡交五五会 同期会開催 報告
  ・ 平成25年 6月13日 第32回 淡交五五 親睦ゴルフ会開催
  ・ 平成24年11月20日 第31回 淡交五五 親睦ゴルフ会開催
  ・ 平成24年10月26日 淡交五五会 同期会開催 報告
  ・ 平成24年 6月11日 第30回 淡交五五 親睦ゴルフ会開催
  ・ 平成23年11月29日 淡交五五会 拡大世話人会兼忘年会 報告
  ・ 平成23年 9月28日 第29回 淡交五五 親睦ゴルフ会開催
  ・ 平成23年 7月 7日 淡交五五会の活動 ―過去5年を振り返って―


 ☆ 皆様方のWEBLOG ( 近況などが 早わかり )
   ・

   ☆ 皆様方の写真ページ紹介
   ・
   ・
  

 ☆ 友 人 の 最 新 情 報
   ・
   ・

 ☆ 旅行・紀行文、など
   ・
   ・


 ☆ 個 展、催し、宣 伝 PR、等
   ・
   ・

 ☆ 55期 会員のページ ( 会社・事務所など )
   ・
 
◎ 昭 和 33 年 卒 ( 55回 )  【 個 人 の ペ ー ジ 】  ( 0 件 )
 ・